婚約指輪を選んで贈ろう|探し方のポイント

指輪

婚約中に身につける指輪

夫婦

普段使いできるセット

婚約指輪は、結婚までの婚約期間中に身につけるものとして周知されており、永遠の象徴としてダイヤなどの宝石を用いり、高価な品として男性が贈る指輪です。これまで婚約期間が過ぎた指輪は保管され、身につける機会も少なかったものの、近年では日常生活でも身につけられるデザインが人気を集めています。男性が選ぶのが一般的だったものの、近年では女性と共に、あるいは女性が選ぶケースも増えており、定番のソリティアデザインはダイヤが引っ掛かりやすくなるため、高さを抑えたフラットなセッティングリングが人気を集めています。また婚約指輪として、結婚やファッションリングとして機能するセットリングの人気も高まっていて、重ねづけによって違った表情が手元で作れるため、TPOに応じた楽しみ方ができると評判です。

普段から身につけたい

婚約の証に身につけるのが婚約指輪ですが、ブライダル業界によるアンケート調査の結果、結婚後はしまったままで殆んど身につけない意見や、高価で身につけるのに躊躇する意見が公表されました。一方で、愛する男性から贈られた指輪であるため、相手の気持ちにも配慮し、結婚した後にも身につけたいという意見も多く聞かれています。男性側の意見としては、身につけている姿を嬉しく思う傾向にあります。現在、婚約指輪にも多様性をもたせようと、使えるシチュエーションを提案する動きが高まっています。例えば、ゴージャスなデザイン性の高い婚約指輪を贈られた場合、フォーマルな場面でのつけ方が提案されています。結婚式などのお祝いシーンでは華やかさに色を添え、その後のライフプランに応じ、入園や入学、卒園や卒業などのシーンにも手元から印象付けられます。また、結婚指輪と一緒に重ねづけ出来るデザインの婚約指輪も販売されています。